硝酸態・
亜硝酸窒素について

About

硝酸態・亜硝酸態窒素とは?

亜硝酸態窒素(硝酸態窒素)は化学肥料や生活排水の中に含まれており、地下水の中に溶けこみます。その水が水道水源に使用されるため亜硝酸態窒素濃度は、0.04 mg/L 以下と定められていますが水道水の中にも入っています。

また、私たちが飲んでいるペットボトルの水にも含まれている物質です。

硝酸態窒素の生成

硝酸態窒素の生成の図式

Effect 01

身体への影響

飲料水や食物の中に亜硝酸態窒素があると、私たちの血液中にも取り込まれます。亜硝酸態窒素は血液中のヘモグロビンに作用します。ヘモグロビンは肺で酸素と結合して、体の隅々まで酸素を運ぶという「酸素運搬機能」を持ち、私たちが生きて行く上で非常に重要な物質です。亜硝酸態窒素はヘモグロビン中の鉄に作用し、メトヘモグロビンという物質になります。

メトヘモグロビンになると、酸素と結合することができなくなり、結果、酸素を体の隅々に運ぶことができなくなります。このような状態を「メトヘモグロビン血症」と呼び、チアノーゼの原因となります(唇が紫色になります)。重症の場合は、酸素不足に陥って、窒息と同じ状態になります。またメトヘモグロビン血症は乳幼児に起こり易いことも知られています。

Effect 02

がんの原因になることも

亜硝酸態窒素が遺伝子障害を引き起こし、多くの種類のがんの発生に関与していることが知られています。

遺伝子が傷付くと本来その細胞が有している正常な機能を発揮できなくなり、また細胞増殖機能が正常に制御されずに限りなく細胞分裂を引き起こして増殖してしまいます。これがいわゆる「がん」と呼ばれるもので、「がん細胞」が発生してある程度の大きさになると、水素イオン(酸)を大量に産生することにより破骨細胞(骨を酸により破壊する細胞)と同じように正常細胞を死滅させます。この正常細胞を破壊して、がん細胞自らが増殖する場所を確保してさらに大きさを増して行きます。酸素を体の隅々までに行き渡らせ、またがんの発生を少しでも少なくするために、できる限り亜硝酸態窒素の摂取量を少なくすることが大事です。

硝酸態窒素の人体への影響

WATER SYSTEM

安心・安全な水を限りなく追求したWACOMS WATER SYSTEM

WACOMS WATER SYSTEMは「健康」「食」「美」の関係性を見つめ、現代の水のあり方を、最新テクノロジーで開発した浄水システムです。

独自開発のRO膜で、ウイルスや極微細な物質はもとより、近年その脅威性が認識され始めた硝酸態窒素・亜硝酸態窒素をも除去し快適でより良い水のある暮らしをサポートします。

INTERVIEW

<>
VOICE 001 西川 遥輝 プロ野球選手
VOICE 002 石川 慎吾 プロ野球選手
VOICE 003 清水 一輝 俳優/プロボクサー

SUPPORT

電話でのご相談

0120-348-059

[受付時間]火~土曜日 10:00~18:00
(GW/夏季/年末年始休暇除く)
※2022年5月11日、18日は休業させていただきます

メールでのご相談/お問合せ

お問合せフォームはこちら

上記のお問合せフォームよりお申し込み下さい。
京都ショールームでもご相談を承っております。

WACOMS京都ショールーム